Cast


九条 真弓役
広山 詞葉(ひろやま ことは)

レディバード所属。映画では『ヘルタースケルター』『ファーストラヴ』等に出演。フジテレビ『最後から二番目の恋』テレビ朝日『やすらぎの郷』や舞台『後家安とその妹』に出演するなど幅広いジャンルで活躍中。自身初のプロデュース映画『今夜新宿で、彼女は、』では山形国際映画祭2017最優秀俳優賞・渋谷短編映画祭2017最優秀女優賞・SeishoCinemaFes 2018ベストアクトレス賞を受賞。2022年には主演映画『ひとつぼっち』公開を控える。 Official Site:
http://www.hiroyamakotoha.com/
blog:
http://ameblo.jp/kotoha-hiroyama/

2020年は撮影前日にストップとなった作品もあり、このまま1年が終わってしまうのは嫌だ!と今回の企画を立ち上げました。何かやらねばと自分から動き出してみると沢山の粋な大人が手を差し伸べてくださいました。監督はじめ堤組の皆様や先輩・佐藤二朗さん、一流の皆様が時間を割いてくださり感謝の気持ちでいっぱいです。作品作りを通じて学ぶのはいつも “人とのつながり”。
予告編は一見トリッキーですが、35歳女の切実な想いを描いています。

栗林 マロン役
福宮 あやの(ふくみや あやの)

兵庫県西宮市生まれ。ムーブマン所属。2011年声優としてデビュー以降『Marriage Story』、『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』、『グッド・ファイト』など多くの作品に出演。2014年にはteam.鴨福を立ち上げ、主宰として毎年朗読劇公演を行っている他、司会やナレーターとしても活躍している。 Twitter:
https://twitter.com/ayano_f
公式プロフィール:
https://mouvement.jp/actors/fukumiya/

声優として活動している私が、堤監督の映画に実写で出演?!しかもほぼ3人のみの映画!! まさかの、天変地異が起こったような、夢のような巡り合わせに感謝の言葉だけでは足りない思いです。最高の監督と最高のスタッフさんに導いて頂いて新しい世界に飛び立つことができて本当に幸せです。
自分でも知らなかったあんな表情満載の映画、本編を沢山の方に見て頂ける日が待ち遠しいです。

小林 さな役
河野 知美(こうの ともみ)

迫田公介監督作品『父の愛人』(2013年)で映画初主演。ビバリーフィルムフェスティバル(USA)でベストアクトレス賞受賞。NHK大河ドラマ『西郷どん』(2018年)や高橋洋監督作品『霊的ボリシェヴィキ』(2018年)、三宅唱監督作品『呪怨:呪いの家』(2020年/Netflix)などに出演。 IMDb:
https://m.imdb.com/name/nm9977109/

この映画は「生欲」の話です。子供をもつと覚悟を決めて、自ら生きる。この作品もまさに堤監督、三浦さん、スタッフ、わたしたち3人の「生欲」から産まれた作品です。3人の女の壮絶な戦いは、本来人間がもつ本能そのもの。そして、その裏には必ず「死」がある事もこの作品は伝えていると私は思っています。


忖度出演
佐藤二朗

1969年5月7日生まれ、愛知県出身 ドラマ『浦安鉄筋家族』主演、TV『超逆境クイズバトル!99人の壁』司会、映画『はるヲうるひと』原作・脚本・監督:佐藤二朗、2021年6月全国公開。 俳優、脚本家、映画監督としてマルチに活躍。 2020年、俳優としてデビュー20周年を迎えた。